イメージ1

皮膚の奥で作り出された細胞はじわじわと時間をかけて肌の表面へと移動し、結果皮ふの表面の角質となって、約4週間経つと自然にはがれ落ちていきます。

この仕組みこそが新陳代謝です。

どこにも問題のない健康な人に生じるむくみだが、これは浮腫んで当然。
なぜか女性は、脚の脹脛のむくみを気にするようだが、人間ならば、下半身のむくみは正常な状態なので神経質になる必要はない。
昼間、いつもはさほど浮腫まない顔や手がパンパンに浮腫んだ、十分寝ているのにも関わらず下肢のむくみが取れない、などは何か病気が隠れているかもしれないので内科医による適切な診療を直ぐ受けなければなりません。
心臓から遠い位置にある下半身は、重力の関わりによってリンパ液の移動が滞留するのが一般的だ。
むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパがちょっと鈍くなっていますよというサインのひとつ程度のものだと解釈するほうがよい。
例えば…あなたは今、パソコンを見つつ頬杖をついていますか?実はこの姿勢は手の平の力を最大限に頬へ伝えて、お肌に対して余計な負担をかけることにつながっています。

慢性的な睡眠不足は皮膚にはどんな悪影響を与えるのかお分かりですか?その代表格ともいえるのが皮ふの新陳代謝の遅れです。

正常なら28日毎にある肌の入れ替わりが遅れてしまいます。

睡眠が不足すると人の肌にはどのようなダメージをもたらすかご存知ですか?その代表が皮ふの新陳代謝の遅れです。

皮ふの生まれ変わる速さが遅れがちになってしまいます。