イメージ1

患者は個人個人お肌の質は異なりますし、生まれつきドライスキンなのか、そうではなくて後天的なものによるドライスキンなのかによって治療方針が大きく違ってきますので、充分な配慮が必要とされます。

お肌の新陳代謝が狂ってしまうと、色々な肌の老化現象や肌トラブルが出現するようになります。

老けて見られるシワ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・クマ・弛み・嫌なニキビ・突っ張るような乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないくらいです。

我が国の美容外科の歴史の中で、美容外科が「由緒正しき医療」との認識を得るまでには、幾分か時間を要した。

よく耳にするピーリングとは、古くなってしまった不要な皮膚を専用化粧品などでピール(peel:皮を剥くの意味)することにより、新しい潤った皮膚(角質)に取り替える美容法なのです。

美容外科とは、ヒトの体の機能上の欠損や変形を修正することよりも、もっぱら美的感覚に基づいて身体の見た目のレベルアップを主軸に据える臨床医学の一種で、独自の標榜科のひとつである。
日本に於いて、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみや濃いシミの無い状態を好ましく捉える習慣がかなり古くから広まっており、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。
体が歪むと、臓器がお互いを押し合うため、他の内臓も引っ張られるため、位置の移動、臓器の変形、血液・細胞の組織液・ホルモン分泌にも良くない影響を及ぼすということです。

ことに夜の10時〜2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムで、皮膚の生まれ変わりが一層促進される時間帯です。

この時間にぐっすり寝ることが何にも勝る美容法だということは間違いありません。