イメージ1

皮ふのサンバーンによって濃くなったシミを目立たなくさせようとするよりも、大きくならないようにあらかじめ予防したり、お肌の奥に巣食っているシミの候補を遮断する方が大事だということをご理解いただけますか。
化粧の短所:お肌への影響。
毎朝毎朝面倒で仕方がない。
費用がやたらとかかる。
物理的刺激で皮膚が荒れる。
お直しやお化粧する時間の無駄遣いだということ。
トレチノイン酸療法は、色素の濃いシミを数週間という短期間で淡くするのに大変役立つ治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑(かんぱん)・にきびなどに効きます。

20代、30代に出来る難治性の“大人ニキビ”の社会人がじわじわと増えている。
もう10年以上大人ニキビに苦しみ続けている方々が当院の門をたたく。
形成外科とは違って美容外科が損壊などのない健康な体に外科的な処置を付加する美のための行為であるのに、安全への意識があまりにも疎かにされていたことが一つの大きな理由であろう。
爪の作られ方は樹木の年輪のように刻まれる存在であることから、その時の体調が爪に出やすく、髪と同様目に入って気付きやすいので健康のバロメーターとも言われている。
メイクアップの利点:自分の顔立ちが少し好きになれること。
顔に存在している面皰・クスミ・毛穴の開き・ソバカス・ひっかき傷を隠すことが可能。
ちょっとずつ素敵になっていく楽しさや高揚感。